RUNAWAY!

頑張れないひとのブログ

チーズ風味 の ほんのり甘い 柔らか丸パン

チーズパンに最近はまっています。
チーズ風味でほんのり甘い柔らかなぱんに仕上がります。
旦那にも好評です。

パンつくりは大変そうっていうイメージがありますが、
家庭で楽しむ分には仕事帰りでもできる手間要らずのラクチンな料理です。
旦那より手間がかk(

私はロビンになりたいと何度も訴えています。





はじめに

復習:我が家の環境

10歳のレンジ付きオーブントースター(最高温度200度)
キッチンは普通家庭サイズ
室温28度 ←冷房の設定温度が29度なのです
乾燥地帯




材料

丸パン8個分
強力粉   280g
薄力粉  20g
砂糖   20g
塩     4g
水    185g
インスタントドライイースト 3g
とろけるスライスチーズ 2枚 
※1
ブロックタイプのモッツアレラチーズ 2個 ※2

※1 とろけるほうが混ぜ込む時にとろけて生地に混ざりやすくなります(生地自体がチーズ風味にしたいので)
※2 モッツアレラチーズが好きなのでこれにしていますが、なんでもいいです





道具

大きいボウル
捏ね台
計量器
スケッパー
オーブンシート
サランラップだよ
なにか混ぜるもの(ヘラとか、スプーンでも良し)




ではレッツクック!

行程

① ミキシング

大きいボウルに強力粉、薄力粉、インスタントドライイーストを入れて混ぜる
さらに砂糖、塩を入れて混ぜる
さらにを入れて混ぜる


② 捏ねる

だいたい混ざってきた感じがしたら捏ね台に取り出す
切るように握るように捏ねてムラがなくなってきたら
優しく手前から向こうへ時々角度を変えながら伸ばすように捏ねていく
生地がまとまってきたらOK(だいたい20分かからないくらい)


③ スライスチーズを練りこむ

スライスチーズを1枚べろんと生地に練りこむ。
f:id:soranoato:20180729113943j:plain
f:id:soranoato:20180729113944j:plain

ルールなどはありません。
チーズが見えなくなったら、生地を丸める。
f:id:soranoato:20180729113945j:plain



④ 一次発酵

さっきのボウルにうっすらサラダ油を塗って丸めた生地を入れる。
(すると後でボウルからつるんと生地が取れます
こんな感じで↓)
f:id:soranoato:20180729113948j:plain

※ガス抜き後に「そうだ写真!」と気づいたので生地が潰れていますが本来はこんなにつぶれていません。 乾燥しないようにサラーンラップだよ。
もし余裕があれば一次発酵が始まって一時間後くらいに
膨らんできている生地を一度丸め直してあげます。
そのあとまた膨らんでいくのを待ちます。
用事があったらこの段階で冷蔵庫に入れておけばゆーっくり膨らみます。


⑤ ガス抜き・分割・ベンチタイム

およそ二倍に膨れ上がったら一次発酵終了です。
だいたい2時間半~3時間くらいになります。
捏ね台に強力粉を薄く敷き、生地を取り出します。

ガス抜き
円形に取り出し、上からぐっと押しながらガスを抜いていきます
f:id:soranoato:20180729113947j:plain
ガスを抜くことで仕上がりに一か所だけ空洞になってる!みたいな状況を避けます。

分割
均等に8分割します。
重さを量っても良いですが、生地のダメージを最小限にするため私は敢えて量らず感覚でやります。
家庭用だし。
同じ重さにしようと何度も分割・統合することで生地がダメージを受けてしまうので注意してください。
切るときもスケッパーをスライドさせずに切り取るような感じで分割します。
f:id:soranoato:20180729113950j:plain
f:id:soranoato:20180729113951j:plain
f:id:soranoato:20180729113952j:plain
上から押して…
上に引く


ベンチタイム
ベンチタイムを20分取り、生地をなじませます。
乾燥しないようにサランラップはかけておいて


⑥ 成形・二次発酵

成形
生地のきれいな部分を張らせるように丸めていきます。
左手で支えて、右手で撫でるようにしていくと上手に出来ます。
このとき
・もう一枚のスライスチーズ(8分割)
・ブロックタイプのモッツアレラチーズ2個(8分割)

を中に詰めてあげます。

二次発酵
丸めたら大皿の上に敷いた、キッチンペーパーに置いていきます。
f:id:soranoato:20180729113953j:plain
皿の上に置いている理由は、発酵するとこのあと移動させづらいからです。
8個とも出来たら少し生地の上に強力粉を振って、サランラップで保湿します。
一次発酵同様に、もし用事があったら
この段階で冷蔵庫に入れておけばゆーっくり膨らみます。


通常にしておけば一時間ほどで二倍以上に膨らみ二次発酵完了です。


焼成

200度に予熱したオーブンに、生地に衝撃を与えないように
キッチンペーパーごとスライドさせて入れて焼いていきます。
200度なら40分です。
230度くらいにできるなら230度で予熱・230度で15分あれば焼けます。
f:id:soranoato:20180729113954j:plain
高温で焼き上げるときは、お焦げに注意してください。


⑧ 保存

敢えて書くことではないんですが、夏場は手作りパンの腐る時期です。
すぐに食べない分は冷凍しましょう!
ちなみに冷蔵庫保管は一番不味くなります
食べるときは凍ったままトーストして頂けます。
また家のように温度の弱いレンジであれば二回トーストすれば解凍されます。

チーズが練りこまれていますが、中はきれいな真っ白パンに仕上がります。