RUNAWAY!

頑張れないひとのブログ

単なる日記

お久しぶりです!


ブログの更新が滞ってから色々なことがありました。


これまでの経緯を簡単にまとめますと、


まず私は昨年夏に就職いたしまして、
フルタイム労働をしつつ家事を100%こなすという
休みのない日々を送っていました。

家にいるときものんびりと良かったけれど、
仕事をして達成感を味わったり、
他の人とコミュニケーションをはかるのも
とても充実した毎日でした✨


それも約半年の束の間、
主人が「転職する、次が最終面接」
と宣告してきました。

「ど、どこに?」
隣の都道府県でした。
隣といっても当時住んでいた所からは電車で二時間半くらい。
どう考えても私は退職せざるを得ない状況でした。


そして今年の年明けから、
まず会社に辞める旨を伝え、
友だちにも居なくなることを伝え、
波紋と周囲からの多少の悲しみを頂き、
新しい物件を探し、引越手配、様々な市役所絡みの手続き、
引越後はまた市役所と職業安定所のお世話になり
ようやく春を迎えようかなというところでした。



それはGW中でした。
私は妊娠していました。








f:id:soranoato:20190527152519j:plain



私はGW中友だちと遊び呆けていました。
なんとなく体調が悪いなーと思いふとドラッグストアで
妊娠検査薬を購入、

購入したものの、
結果によっては今後の人生が左右されるので
すごい気合いを入れないと出来ませんでした。
検査するまでに約三時間うろうろ


私の周りの子たちは、結構みんな不妊治療をしています。
世間的にも不妊治療は有名だし、ドラマもしてたし、
治療している人も多そうだし
(してない人もいっぱいいるけど…)
私のなかでは、最近子どもはそう簡単にできないという
よくわからない子どもは簡単には出来ない理論がありました。

また私は10代後半から重度のお菓子ジャンキー🍪
あまりまともな食事を知らないのもあって、
自称不妊の確信がありました。


でも、こんなジャンキーな娘のお腹のなかに命が宿っていました。
最初に陽性反応を見たときは頭のなかが真っ白になりました。
検査薬には、平おきして1分って書いてあるのに
即座にばっちり陽性…
検査する前に充分準備してたつもりでしたが頭も心も追い付かない

間違えたのかも、検査失敗したのかも…

といった感情がぐるぐる🌀


実際そのあと説明書読みなおして、ネットで調べて質問して、
間違えて陽性がでることはあるのか必死に探しましたが
そんなことはないようで、検査失敗疑惑は失せ、
妊娠確定だと、自分に言い聞かせました。



それから次に主人(と私)の赤ちゃんがいるんだ…
という摩訶不思議な高揚感に包まれました。


それから次には、どうしよう、が色々出てきました。
まだ失業手当受給中だけどもう就職は無理なのかな
実家から自宅まで電車で六時間だけどGW明け帰れるかな
今度また実家の方で友だちの結婚式があるけど大丈夫かな
マイホーム買う前だけどお金あるかな
アパート超古くて狭いけど大丈夫かな
産婦人科まだまだ行かなくて大丈夫かな
流産って安定期まで危険がつきまとうけど大丈夫かな
明日会う友達にバレないように過ごせるかな
お父さんとお母さんにはいつ報告しよう
主人にはどうやって伝えよう…


私の調べたところに依ると妊活は健康な男女でおよそ3-6ヶ月
ということは不健康そうな私は12ヶ月はかかるのだ!
と思っていたのでたったひと月で出来る予定はなくて
これからゆーっくり勉強したらいいんだー(*´-`)
と思っていました。
だから当時も今でも全然勉強不足で…
でも赤ちゃんは今だ!って思ってこのタイミングで飛び込んできたのなら仕方のないこと
今は酷いつわりと戦いながら、隙見て調べたり勉強したりしています。


私は母親失格なので最近は弱音を吐いています。
これから不安なことしかない良いことなんかない
お医者さんに毎回まだ赤ちゃんは死んでしまう確率が高い、
と言われネガティブに陥る
家事もまともに出来なくて迷惑ばかりの私は居ない方がずっといい
こんな私と居て主人は楽しいのだろうか❓️


どうしようが終わった今、
何もかも冷静になって、なるようにしかならんと思えて
(悪い言い方すると期待しなくなった)
この先どうなろうと私は私でしかない
赤ちゃんが生まれても生まれなくても私は自分の人生を歩むんだ
(育児放棄という意味ではなく母子であれ個々の存在であるということ)
だからここに縛られないで、
赤ちゃんが生まれるか生まれないか決定を下すまで、
生まれるとしたらそれまでの時間、
大事に使わないとな



なんだかそんな境地です




⏩️今週から3ヶ月に入ります