RUNAWAY!

頑張れないひとのブログ

【ノートPC】パソコンメーカー一覧と特徴

故障しないPCというのはほぼ運であって、機械は個体差が大きいです。
家電とか携帯とかもそうです。
なので壊れないメーカーはありませんし、壊れるメーカーもありません。
壊れる壊れないについては完全に個人の感覚的視点でしか言えません。
それでもメーカーによってある程度くせや特徴があります。

また、例えばもしも運悪く故障したときに”保証がきちんとしているか”などは誰にでも同じように見える事実です。

f:id:soranoato:20180711145335j:plain

以下ではメーカーの特徴をまとめてみます。
因みにPCの保証というのは基本的に1年無料です。






国産

国産の良いところは保証期間が長いところです。
今現在夏のボーナスに向けてキャンペーン割引をしているところも多いです。

富士通

国産メーカーの中で有名なメーカーのひとつです。
年配ユーザーが多いイメージからデザインはおじさん向けだと思っていましたが、 
実際に店舗に見に行ったら洗練されたデザインで結構綺麗でした。
カラーの種類などはやはりベーシックなものがほとんどですが、
AHシリーズのみブルーが存在します。
残念ながら店頭で青色は見られなかったのでどんな青か分かりませんが、他の白黒赤は綺麗な発色でした。
キーボードが下から光り、暗い飛行機内などでも快適に作業出来る機能つきPCもあります
CPUが最先端、office搭載では他の国産より少し安い印象です。
 し  か  し
お問い合わせするのに請求があります。本当です。
電話代とかじゃなくて問い合わせの料金。

www.fujitsu-webmart.com 





VAIO

ディズニーとコラボしたりお洒落なPCが多い
種類は少ないですが、トータル的にみるとかなりハイレベルには作られています。
ベース価格は普通ですが、スペックに拘る人がカスタマイズすると比較的高価になります。
デザインに拘りたければVAIOでしょ

www.sony.jp





NEC

富士通と同じく国内国産メーカーではシェア率が高く有名です。
最長5年の保証に入れますが、電話のお問い合わせに特別な料金は掛かりません。
ノングレア加工という明るい場所でも画面が見やすい加工が施されている機体もあります
NEC渾身の力作がLAVIE Note NEXT(LAVIE Direct NEXT)
nec-lavie.jp
HPからもビンビン伝わってきます。

nec-lavie.jp





TOSHIBA

最長5年の保証がつけられます。
購入日から5年以内の電話サポート料金は無料ですが、それ以降は
質問の内容1件あたりに2,000円ほど掛かるようです。
回数でなく件数であるところがポイントです。 

toshibadirect.jp





Panasonic

結構独特の見た目パナソニックノートPC
パーツごとにカスタマイズして作れます。
なので結構良い値段します。

ec-club.panasonic.jp




 

外国産

安価でパソコン入手できます。
保証期間が最長3年だったりします。



HP

日本でも有名なアメリカ産PCメーカー。スタイリッシュ。 
もしデスクトップにするならHPだ!
って決めていたくらい美しいデザインです。
ぱっと見安いんですが、実は国産で同等のスペックで見積をしてみると
ほぼ変わらないいいお値段がします。
保証は3年です。
日本HPがあります。

日本HP





DELL

コチラも有名なアメリカ産PCメーカーです。HPに比べて結構ごついなぁというイメージ。
仕事では壊れたDELLしかみたことがありませんが、
安価なのがDELLの売りです
また可愛いデザイン・カラーもあります。
保証は3年です。

Dell ノートパソコン





Lenovo

真ん中の赤いボタンが有名ですね。
Lenovoは最近シェアが増えてきているイメージです。
個体差が激しく壊れるのは何度もしつこく壊れていました
わりと安価です。

www.lenovo.com





ASUS 

台湾メーカーです。
独特な印象ですが、種類は多目かと思います。
ゲーム用のノートPCもあります。

www.asus.com





Acer

こちらも台湾メーカーです。
コチラもまあまあ多目の種類で洗練されたデザイン

www.acer.com





Microsoft

マイクロソフト社のSurfaceはなんとも新しい触り心地と見た目です。
これは写真だけでは伝わらないなぁ

Microsoft surface-loptop





f:id:soranoato:20180712034508j:plain





ショップ系

他にショップ系パソコンと言われるPCが存在します。
これはパソコンメーカーでなく、取扱ショップがお客さんの要望に応じてパソコンを組み立てる、 
オーダーメイドで作るパソコンになります。
他のパソコンメーカーのように出来上がったもの、ある程度出来ているものを少しカスタマイズするといったものではなく、
パーツを自分で選択してショップで組み立ててくれるものです。
(パーツを集めて自分で作れば自作PCになります)
ショップはマウスコンピューターパソコン工房ドスパラなど。
BTO(Build To Order)パソコンとも言われます。
安く高性能に出来ます。






モニターサイズ(おまけ)

PCを見て回っていて気になったことがあり追記
大き目の画面のPCを買おうと思う時気をつけたいのが解像度です。
解像度が低いと大きな画面で荒い画像を見ることになります
15型 であれば1920×1080ドットは必要です。
たまにこの解像度をきっていたPCを見かけたので参考までに。